自然周期体外受精勉強会

アシストハッチング(AHA)

胚は子宮内膜に触れると、胚を覆う透明帯の一部が溶けることにより胚は外にでます。これをハッチングと言います。ハッチングした胚は子宮に埋もれていきます。これが着床です。

着床するためには、ハッチングしないと着床できませんが、胚の中には、透明帯が硬くなったり、厚くなったりしてハッチングしづらくなってしまっているものもあります。このうまくハッチングしない場合に、透明帯に一部穴をあけたり、薄く削ることでハッチングをしやすくします。この方法をAHA:アシスティッドハッチングと言います。

用語集一覧に戻る